沢の調査に行ってきました。

調査、といっても何かするわけではありませんが、新しい発見がないか、いつもの沢に行ってきました。いつもよりさらに奥に行ってみると・・・。

透明度は変わらずです。もちろん肌が切れるような冷たさも変わりません。

コンクリートのトンネルを通りますが、いつもワクワクします。

大きくはありませんが、ちょっとした滑床も見ることが出来ます。苔の色が際立ちます。

以前にもアップしましたが、今日は水路の跡まで緑に染まっていました。

さて、ここからがまだ行ったことのない場所。

ひたすらヤブを漕ぎ、進むと・・・。トンネルが・・・。

そんなに長い距離ではないので、行ってみることに。

出口で振り返ると、なぜか入口とは全然違う距離感・・・。ちょっと背中に冷たいものが走りました。なんだか異世界に入ったような・・・。

気を取り直して、ドンドン川を下ると、地図に乗ってない滝が!私が知らなかっただけかもしれませんが・・・。胆沢にはいつも驚きが隠されています。

奥州湖交流館

当施設は、岩手県奥州市にある日本最大規模のロックフィルダム、胆沢ダムの麓にあり、 胆沢地域の郷土や歴史、水に関わる文化をパネルや模型、写真を使って紹介しています。 登山やドライブの際には、お気軽にお立ち寄りください。 また、東北・岩手県でラフティング・カヌー・カヤックなどアウトドアアクティビティの 体験ができますので、お問い合わせください。

0コメント

  • 1000 / 1000